ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

障害者 雇用相談

相談内容紹介

任せられる仕事が見つからない

障害者の雇用を予定している社員400人のマーケティング企業です。しかし任せられそうな仕事が見つかりません。見学した企業は流通や外食産業で、業種の違う当社にはあまり参考になりませんでした。特例子会社を作るほどの余裕もなく、せっかく雇った方に1日座ってもらっているだけというのも申し訳なく、雇用する前から頭を抱えています。

仕事は必ずあります。どのような業種・業態であっても仕事が「ない」ということは「ありえない」といっていいでしょう。ただし見つけ方に関しては「コツ」があるかと思います。私共が企業から同様の相談を受けた場合、ジョブコーチ資格をもつスタッフがまず1日企業内で作業を見せていただき、職務分析することからスタートします。大体数時間あれば「こんな仕事はどうか」と提案できます。

たとえば、社内の清掃や社内文書の製作補助などのほかにも、会社にグリーンがあれば水やりなどの管理、機器の点検、扱う商品の仕分け、電話対応や受付など、個々の障害者の適性に合わせて任すことができる仕事はたくさんあります。

ある企業では発達障害のある社員にバーコードスキャン業務を任せていましたが、IT化が進み仕事量が少なくなりました。そこで簡単なデータ入力のほか会議の議事録作りを任せたところ、この仕事が高い評価を得ました。それまでは参加者のメモや記憶に頼っていた記録が、詳細な議事録があることで流れが正確にわかるようになり、また参加者も会議そのものに集中することができると大好評だったのです。

「これはどうか、本当に任せられるのか」と疑問に思っても、任せられる仕事は必ず社内にあります。 また、これまで社員がやらなかったことを業務にしてみるなど、見つけ方のコツはいろいろあります。支援機関のスタッフなどに相談し、御社の実情に即して職域を考えてみてはいかがでしょうか。

相談内容一覧

相談室トップへ戻る

あなたもサポーターになろう!

あなたもATARIMAE宣言をして、ATARIMAEサポーターになろう!

写真:私たちもATARIMAEサポーターです。

私たちも公式サポーターです。

サポーターになる
公式サポーターをみる

企業サポーター紹介!

ATARIMAEプロジェクトに賛同する企業サポーターを紹介!

企業サポーターをみる