ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

障害者 雇用相談

相談内容紹介

精神障害者への指導や労務管理で注意点は?

統合失調症の人を1名雇用しています。実は以前に失敗した経験があります。コミュニケーションの方法がわからず、職場全体の雰囲気がきくしゃくし、本人も居心地が悪くなったのか退社してしまいました。指導方法と労務管理の注意点を教えてください。

気を遣いすぎるなどの特別扱いは、むしろ相手を傷つけてしまう結果になりがちです。自分自身も職場の一員として仕事もしっかりやってもらい、対等に扱うというのが基本姿勢です。その上で、以下のようなところに注意しましょう。

まず、指示の仕方ではなるべく柔らかい言い方を心がけましょう。「OOしろ」「OOをやって」といった言葉遣いは、きつく感じ、落ち込んでしまうことがあります。命令口調ではなく「OOをやってください」と言葉じりを丁寧にするだけで、相手の受け止め方はまったく違ってきます。

また、本人の勤務態度などについて注意したいときは、本人と上司ができるだけ1対1にならないような形を作ったほうがいいでしょう。統合失調症の人の中には、被害者意識が強く、1対1で注意されると個人攻撃をされていると思いこむ場合があります。できれば支援者などにも参加してもらい、現状と今後についてゆっくりと話し合う機会を設けましょう。本人は周囲の評価を非常に気にしています。立場の違う複数の人々から意見をもらうことで、本人も「なるほどそうなのか」と納得しやすくなるのです。この「納得」がとても大切です。労働時間の変更や、配置転換などの場合も同じです。支援者や人事担当者、職場のキーパーソンなど常に連携してサポートする体制を作ることが、長期の継続雇用につながります。

相談内容一覧

相談室トップへ戻る

あなたもサポーターになろう!

あなたもATARIMAE宣言をして、ATARIMAEサポーターになろう!

写真:私たちもATARIMAEサポーターです。

私たちも公式サポーターです。

サポーターになる
公式サポーターをみる

企業サポーター紹介!

ATARIMAEプロジェクトに賛同する企業サポーターを紹介!

企業サポーターをみる