ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

障害者 雇用相談

相談内容紹介

特例子会社のメリットとは何ですか?

東京に本社のある流通業です。来年度に向け、障害者の方の雇用を増やすため特例子会社の設立も検討しています。どんなメリット、デメリットがあるか教えてください。

企業規模にもよります。従業員が百人位の小さな組織で、社内コンセンサスを得ることが容易であるなら、設立するメリットは小さいと思います。しかし、数百人以上で大きな組織をもつ企業になると、たとえば「今年から各部署に障害のある従業員の配属があります」といっただけで、とまどいが広がるかもしれません。

障害者の雇用には、組織・スタッフ・規則等のソフト面と設備などのハード面の整備が必要ですが、特例子会社であれば職場環境創りを一貫して進めることができます。また、特例子会社を有する親会社は、一定の要件を満たせば関連するほかの子会社についても、雇用率を一体とみなし取扱われるグループ適用も可能となります。

いずれにしろまずは現場を見ることが一番です。地域の特例子会社連絡会や、ハローワーク・障害者職業センター等で紹介していただくか、ATAEIMAEプロジェクト事務局でも紹介させていただきますので、御社の業態・企業規模に近い企業の特例子会社の見学から始めてみたらいかがでしょうか。「百聞は一見にしかず」です。

相談内容一覧

相談室トップへ戻る

あなたもサポーターになろう!

あなたもATARIMAE宣言をして、ATARIMAEサポーターになろう!

写真:私たちもATARIMAEサポーターです。

私たちも公式サポーターです。

サポーターになる
公式サポーターをみる

企業サポーター紹介!

ATARIMAEプロジェクトに賛同する企業サポーターを紹介!

企業サポーターをみる