第23話「悲願の職場復帰!」 - 『ウツリーマンがゆく』 - ATARIMAEプロジェクト

ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

ひとごとじゃない「うつ」に向かい合う! ウツリーマンがゆく

仕事はバッチリこなし、困っている同僚も助け、上司からも頼りにされるサラリーマン。管理職も目前で順風満帆なのに最近なんだか体調がすぐれない。これってもしかして…。 うつに向かい合い、ゆるりと治していく「ウツリーマン」の日々を、毎週マンガでお届け!

第23話
悲願の職場復帰!


ナレーション:
そして、数週間後――

課長:
さて、今日から
宇津山くんが戻ります
また、
よろしく頼むよ

ウツオ:
お願いします
最初は午前中だけですが


同僚:
さっそく、お願いしたい仕事、
あるんだけどな――

ウツオ:
あ、ちょっと久々なんで、
様子見てからってことで。
ごめんね――


同僚:
そーだよな。
すまーん

同僚:
自分でちゃんとやれ

ウツオ:
うん、ちゃんとリワークの時みたいにできたぞ


ウツオ:
さーて、今日の仕事は…
書類の整理にコピーと
それと、
納品書の作成か――

ナレーション:
ところが、どっこい…


ウツオ:
な、なんで、こんなに時間、かかるワケ!?

課長:
宇津山くん、
自分のペースでね


ウツオ:
課長…
ハイ…

僕、あせってました。
続きは明日にします

課長:
それで、いいんだよ
今のところは、
そのくらいの感覚でやればいいから


課長:
そのうち調子は取り戻せるよ
頼りにしてるよ

ウツオ:
期待はしてくれてるのだし
今、あわてて不安にならなくても


ウツオ:
きっと、
僕は、大丈夫だ!
この見積もりだと――
うーん

課長:
課長はのんびりしてちゃ、
ダメでーすっ!!

ナレーション:
休職前の業務に復帰する自信が
少しずつついてきたウツオであった