ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

ひとごとじゃない「うつ」に向かい合う! ウツリーマンがゆく

仕事はバッチリこなし、困っている同僚も助け、上司からも頼りにされるサラリーマン。管理職も目前で順風満帆なのに最近なんだか体調がすぐれない。これってもしかして…。 うつに向かい合い、ゆるりと治していく「ウツリーマン」の日々を、毎週マンガでお届け!

第4話
深まる疑惑、気づかぬ本人

目覚ましの音。
ウツオ:「うううううっ

会社に行きたくない
動きたくない

何もしたくない。
けど」
同僚:「なんだか最近、キャラ変わったね」
ウツオ:「そう?」

同僚:「うん。なんだかこう
(…オーラが暗いっつーか…)
また今度、書類頼むね」
ウツオ:「わかった」

ウツオ:ものすごくダメだけど、
でも会社を休むわけにはいかない。
仕事が。
僕はがんばらなければ。
管理職

同僚:「なんか最近
ウツオくん、変じゃない?」
同僚:「はっきり言って、暗いよねー」

同僚A:「こっぴどいフラれ方をしたとか?」
同僚B:「それも年上の美人とか」
同僚C:「いやいや、仕事でものすごい失敗したとか?」
同僚D:「弟が事故に遭ったとか?」
ナレーション:人々のウワサをよそに

宇津山ウツオは、まだがんばるのだった
ウツオ:「よーし
最高傑作
自画自賛」