ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

「ATARIMAEプロジェクト」ロゴデザインに込めた想い

"それだけでは完成しないもの"の魅力 アートディレクター/丹下紘希

ATARIMAEプロジェクトのロゴデザインに込めた想い、それは、"それだけでは完成しないもの"でした。

"それだけでは完成しないもの"

それは、ATARIMAEプロジェクトそのものであると言えます。
なぜなら、ATARIMAEプロジェクトは多くの人や企業の協力がなければ成立しないからです。

ATARIMAEプロジェクト・ロゴ:人、コーヒーカップ、えんぴつ、ハンマーなどが、ATARIMAEの文字を支えている

通常の企業などの"ロゴ"は、
勝手に「変えてはいけないもの」、「いじってはいけないもの」
とされています。

各企業が既に持つものと「共存できる何か」を目で見えるようにしたいと思い、
これまでのロゴの概念を覆すジョイント方式を取り入れてみました。

あなたの名前でも、あなたの企業の扱っている品物でも、企業のイメージカラーだけでも自由に参加してもらえるロゴになればと願っています。

ATARIMAEプロジェクト・ロゴ:人がAという文字を支えている、TANGE KOUKIという文字がAという文字を支えている

このロゴアイコンは、参加するあなたによって自由に変える事ができると考えてください。

もし、誰もが自由に絵を描いて参加できるロゴが生まれたらどうでしょう?

例えば、このロゴの足りない部分に絵を描いて色をつけてもらいます。
人によってはあまり上手に塗れなくて、それはあまり奇麗なロゴにはならないかもしれません。
しかしそれはそのロゴの個性となり、世界中のどこを探しても同じ物はなく、
唯一無二の素敵なものとなるはずです。

ATARIMAEプロジェクト・ロゴ:Aという文字を支える部分を、色鉛筆で自由に描き込んだもの