・!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">" ATARIMAEプロジェクトとは - ATARIMAEプロジェクト

ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

ATARIMAEプロジェクトとは

背景と沿革

働ける年齢層の障がい者(20~65歳)は約332万人。そのうち企業などに雇用されている障がい者は約45万人、全体の13%程度です。

障害者雇用促進法という法律がありますが、法律で義務付けられた法定雇用率を満たしている企業の割合は全体の半数に留まっています。

実はこれらの現状は、障害者本人の働く意欲や能力が低いことによるものではなく、むしろ障害者雇用の受け入れ側である企業や一般の人々の、偏見や無関心によって引き起こされたものと考えます。つまり障がい者の働く機会を妨げているのは、「心のバリア」なのです。

これらの社会的な課題を解決するため、2008年「~障がい者があたりまえにはたらけるニッポンへ~ATARIMAEプロジェクト」が発足いたしました。2008年10月~2010年3月の1年半、厚生労働省の全面協力の下活動を展開してまいりました。

ポータルサイトは、オープン後14ヶ月目である平成21年12月には月間100万PVを記録し、著名人を含むサポーターも3万人に達した実績を有しています。

ATARIMAEプロジェクトのミッションと活動領域

ATARIMAEプロジェクトは、障害のある人もない人も共に働き生きる喜びを感じあえる社会の実現を目指します。

これらのミッションを実現するため活動を展開してまいります。

ATARIMAEプロジェクトの活動には、2つのミッションがあります。

1つは、無関心や偏見による心のバリアによって障がい者が就労機会に恵まれていないことを多くの方に知っていただくための広報活動やキャンペーン。

もう1つは、インターネット等さまざまな媒体を通じ、障がい者雇用促進に役立つ情報を提供していくことです。

これらの活動を通じ、近い将来ATARIMAEプロジェクトがミッションを果たし、このプロジェクトが活動をする必要がなくなること、これが最終的な願いです。。

一般財団法人ATARIMAEプロジェクト

事務局運営会社 株式会社FVP