ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

障害者のための「就活」マニュアル

初めて会う人によい印象を与えるには、身だしなみとあいさつが大事です。会社訪問や面接、研修、トライアル雇用などに参加するときには、身だしなみを整えてから出かけましょう。そして、はっきりした声で、あいさつをすることです。ここでは、面接などでよい印象を与え、就職につなげるための方法をご紹介します。また、ここで紹介したことは、就職した後、長く働き続けるためにも大事なことばかりです。清潔感のある服装と元気な笑顔が、明日の働く力になります。

イラストレーション:石丸千里

取材協力: 全国福祉理美容師養成協会「ふくりび」 http://www.fukuribi.jp/
同朋大学社会福祉学部 手嶋雅史研究室
参考文献: 「働くための『みだしなみ』ふくりび障がい者就労支援『身だしなみ』講座公式マニュアル」
NPO全国福祉理美容師養成協会
「知的障害や自閉症の人たちのための見てわかるビジネスマナー集」ジアース教育新社

身だしなみ編

「身だしなみ」とは、自分の意欲を伝えるための方法のひとつ。清潔感とTPOに配慮しましょう。

男性の場合 女性の場合

あいさつ・言葉づかい編

あいさつは人と人とのコミュニケーションの基本。言葉に心をこめれば、相手に伝わります。

あいさつ 言葉づかい

面接編

自分のできることだけでなく、苦手なこともきちんと話しましょう。

面接前の準備 面接時のマナー