ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

働きたいと!思ったら

試しに働いてみる

自分に向いている仕事がどうか、見極めましょう!

雇い主に「トライアル雇用」の制度を申請してもらうと、試し期間を設けて働くことができます。

企業の求める適正や能力・技術を実際に把握することができ,この期間に努力して働く事で正式に就職できる可能性が高まります。

また、実際に職場に通いますので、通勤する上で問題はないか、職場の人とうまくやっていけるかどうかなど、あなたにとって合う職場かどうかを確認することもできます。

企業側は、トライアル雇用により、あなたの能力を確認したり、職場環境を整備したり、支援者と定着に向けたサポート方法を相談したりして、正式採用後も障害者が安定的に働けるよう準備することができます。

制度をうまく活用して、ミスマッチを防ぎましょう。

フローチャートに戻る