ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

働きたいと!思ったら

ハローワークで相談する

働きたいと思ったら、まずはハローワークに行きましょう。

ハローワークには、障害者の皆さんための相談窓口があります。働くためにはどうしたらいいのか相談をしてみましょう。

相談すると、あなたの状態にあわせてアドバイスが受けられます。アドバイスの内容は、人それぞれ違います。

今すぐ就職したい人は「求職登録」をするようにアドバイスをされるでしょう。

今すぐ働くのは不安だという人のためには、「就労移行支援事業所」や「障害者就業・生活支援センター」といった施設を紹介してくれます。まずは相談に行ってみましょう。

ハローワークに行くときに心配なことはありませんか?

質問1 ハローワークって何ですか?
答え ハローワークは、働きたい人に仕事を紹介してくれる国が運営する機関です。

質問2 ハローワークで相談するときは、お金がかかりますか?
答え 費用(お金)はかかりません。

質問3 ハローワークで相談した内容は、秘密にしてほしいのですが?
答え ハローワークの人は、相談した内容について、他の人には話しません。心配ありません。

質問4 一人で行くのは不安です。ヘルパーさんと一緒に行ってもいいですか?
答え 自分ひとりだけで行っても、ヘルパーさんなど他の人(支援センターや施設の人、学校の先生、家族、友だちなど)と一緒に行っても大丈夫です。

質問5 持ち物は何か必要ですか?
答え 必ず持っていかなければならないものはありません。障害者手帳(精神保健福祉手帳、療育手帳、愛の手帳、緑の手帳、身体障害者手帳など)を持っている人は、手続きがしやすくなるので、持って行きましょう。

質問6 ハローワークでの相談に予約は必要ですか?
答え 予約の必要はありません。ただし、ハローワークによっては、障害者の相談を受ける専門の人や手話通訳のできる人がハローワークにいる日が決まっている場合があるので、心配なときには、予め電話やファックスなどで確認するとよいでしょう。

質問7 ハローワークではどんなことを話せばいいのですか?
答え ハローワークの人に、働きたいという気持ちを伝えてください。それから、どんな仕事をしたいか、どれくらい働けるか(1日に何時間、週に何日)という、あなたの希望を話してください。その他にも働く上で心配なことがあれば(例えば、毎週金曜日に病院に行く必要があるとか、朝はどうしても起きられないので午後からの仕事しかできない、など)、隠さずにハローワークの人に話しましょう。

質問8 ハローワークの人の話や書類の意味がわからないのではと心配です。
答え もし、ハローワークの人の話や書類の意味がわかりにくかったり、答えにくかったりしたら、「わかりにくいです」「答えにくいです」と伝えましょう。丁寧に、説明をしてくれます。

あなたの近くのハローワークを探そう
フローチャートに戻る