ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

助成制度が一目でわかる 障害者雇用に関する助成制度

精神障害者ステップアップ雇用奨励金/グループ雇用奨励加算金

短時間労働からスタートすることが適切といわれることの多い精神障害者を、6~12ヶ月の有期雇用(週労働時間10時間以上20時間未満)で雇入れ、徐々に就労時間を延長し、週20時間以上の勤務を目指すもの。

この期間中は、事業主から対象労働者に賃金が支給され、事業主には試行雇用奨励金(月額25,000円)が支給される。

期間の途中で常用雇用に移行することも可能。ステップアップ雇用の期間を経過し、常用雇用に至らなかった場合は、契約期間満了による終了となる。

窓口

ハローワーク

支給要件

  • ハローワークの紹介であること
  • 雇用保険の適用事業主であること
  • ステップアップ雇用開始の6ヶ月前から雇用終了までの間に、雇用保険被保険者を事業主都合で解雇していないこと
  • 雇用保険被保険者である従業員が、前項と同じ期間内に対象者の雇入れ日における被保険者の6%を超えて、特定受給資格者に該当する理由(本人の責によらない理由など)で離職していないこと
  • ハローワークなどの紹介以前に雇用の予約(内定)がないこと
  • グループ雇用奨励加算金に関しては、以上の要件に該当する事業主が、要件に該当する精神障害者をグループ雇用し、資格を備えた支援担当者(その事業所において、雇用管理の知識・経験、安全衛生に関する知識をもつ者)を1グループについて1名選任していること。

などの要件があり、すべてに該当することとされています。
(詳細はハローワークにおたずねください。)

支給額

  • 精神障害者ステップアップ雇用奨励金
    雇用した1人につき、月額25,000円、なお、就労を予定していた日数に満たない実就労日数の場合(月の途中で離職した場合を含む)はその実日数により、所定の減額をする。
  • グループ雇用奨励加算金
    精神障害者2~5人のグループで、少なくとも奨励金対象期間中の1ヶ月について2人以上の対象者の実勤務日が8日以上重なっている場合は、ステップアップ雇用奨励金に加え、グループ雇用奨励加算金(1グループ月額25,000円)を支給。

ポイント

  • 常用雇用に移行した場合、特定求職者雇用開発助成金も受給することができます。
  • ステップアップ雇用奨励金の申請は、ステップアップ雇用を開始してから6ヶ月経過後およびステップアップ雇用期間終了後となりますが、希望に応じてステップアップ雇用期間終了後の一括申請も可能です(グループ雇用奨励加算金も同様)。

精神障害者ステップアップ雇用奨励金のご案内
(厚生労働省HP)

障害者雇用に関する助成制度トップへ戻る