ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

助成制度が一目でわかる 障害者雇用に関する助成制度

ジョブコーチ支援(第2号職場適応援助者助成金)

障害者の雇用にあたり円滑に職場に適応できるよう、どのような仕事が適しているかや、職場環境の改善・調整等、障害者と企業双方に助言をするなどの支援を行うのがジョブコーチ(職場適応援助者)。トライアル雇用の段階で利用することも可能。知的障害者、精神障害者の雇用にあたり利用されることが多い。
ジョブコーチは所属により3種類(下記参照)に分けられ、そのうち、企業に所属して、自社雇用の障害者を支援するのが「第2号ジョブコーチ」。配置し支援を行った場合に、企業に対し助成金(第2号職場適応援助者助成金)が支給される。(「障害者雇用納付金制度に基づく助成金」)

窓口

助成金の窓口:各都道府県の雇用開発(促進)協会

詳細

ジョブコーチの所属により、以下の3種類に分けられ、企業は「配置型」「第1号ジョブコーチ」は無料で利用できる。

  1. 配置型 (独立行政法人)高齢・障害者雇用支援機構の職員であり、地域障害者職業センターに所属して企業の要請に対応した支援を行う。
    職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援事業
    (高齢・障害者雇用支援機構HP)
  2. 第1号ジョブコーチ 障害者就労支援を行う社会福祉法人、NPO法人等に所属。
    障害者職業センターまたは厚生労働省の認定機関が行う研修を受け、資格を得たジョブコーチが企業で支援をした場合、所属する法人に対し助成金(第1号職場適応援助者助成金)が支給される。
    雇用する障害者が利用していた就労支援施設などに依頼するケースが多く見られる。障害
    者とつながりのある施設との連携により、スムーズな職場定着が図られる。
  3. 第2号ジョブコーチ 企業に所属(自社で雇用した障害者を支援する)。
    通常、その企業の業務内容を熟知した従業員が担当。障害者職業センターまたは厚生労働省の認定機関の行う研修を受け、資格を得る。配置し支援を行った場合に企業に対し助成金(第2号職場適応援助者助成金)が支給される。

第2号職場適応援助者助成金の支給対象事業主・支給対象障害者
(高齢・障害者雇用支援機構HP)

障害者雇用に関する助成制度トップへ戻る