ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

障害者を雇用しよう!「あたりまえ」への一歩を!

写真:はたらく障害者(荷物の仕分けをするごとうさん)

写真:はたらく障害者(商品をチェックするやまぐちさん)

障害者雇用促進法で定められている民間企業の法定雇用率は1.8パーセント。この数は、従業員56名に対し1名という計算になります。

写真:はたらく障害者(ハンバーガーを作るくさばさん)

障害者を雇用することは難しいことなのでしょうか?
「設備、環境が整っていない」「どんな仕事を任せればいいのかわからない・・・」理由は様々あがることでしょう。

障害者雇用に成果を上げている企業をみると、障害者一人ひとりの能力に着目し、社員同士が連携をとり、気持ちよく働ける職場づくりを実践していることが伺えます。
これは、障害者雇用に限ったことではなく、企業にとって大切な「あたりまえ」なのではないでしょうか。

障害があってもなくても、働く意欲のある人が働ける「あたりまえ」の社会へ。
その一歩を踏み出すことが、企業を元気にすることにつながるのです。

障害者雇用に関するQ&A