ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

下村健一のクロストーク

Vol.4 日本理化学工業 障害者雇用の取り組みについて聞く

障害者雇用をすすめた大山泰弘さん、大山隆久さんへのインタビュー

 日本理化学工業株式会社は昭和12(1937)年創業のチョーク製造会社。粉の出ない「ダストレスチョーク」でチョークのトップシェアを誇る一方、昭和35(1960)年から知的障害者の雇用を開始。現在、社員73名のうち知的障害者が53名(重度31名)と、障害者雇用率は70%に達する。平成17(2005)年には企業フィランソロピー大賞特別賞〔社会共生賞〕を受賞。平成21(2009)年10月には鳩山由紀夫首相が川崎工場に視察に訪れた。
 テレビや書籍などでも数多く紹介される。大山泰弘会長は障害者雇用に取り組む中小企業の経営者にとってカリスマ的存在。平成20(2008)年には長男の大山隆久さんが後継者として社長に就任した。
 多数雇用を可能にしたさまざまな工夫や、今後の展開についておふたりにお話を伺った。
http://www.rikagaku.co.jp/

写真:大山さん

大山泰弘(おおやま・やすひろ)さん
日本理化学工業 取締役会長

昭和7(1932)年生まれ、77歳。日本理化学工業の創業者の父親の跡を継ぐべく同社に入社。昭和49(1974)年、社長に就任。平成20(2008)年より現職。障害者雇用のためにさまざまな努力を行った経営者として各方面から賞賛されている。著書『働く幸せ 仕事でいちばん大切なこと』。昭和56(1981)年 国際障害者最終年に内閣総理大臣より表彰される。平成15(2003)年 厚生労働大臣表彰、日本障害者雇用促進協会会長より表彰される。平成16(2004)年 春の叙勲、瑞宝単光章を受賞。平成21(2009)年 渋沢栄一賞を受賞。

写真:大山さん

大山隆久(おおやま・たかひさ)さん
日本理化学工業 代表取締役社長

大山泰弘さんの長男。平成5年、同社に入社。平成20(2008)年より3代目社長に就任。

大山泰弘会長は大学を卒業後の昭和31(1956)年、創業者である父の後を継ぐべく日本理化学工業に入社。入社3年目の昭和34(1959)年に初めて2人の知的障害者の実習をうけ、これが障害者雇用の出発点となった。

写真:

下村 障害者雇用のきっかけは、養護学校の先生が訪ねてこられたことだそうですね。

会長 はい。卒業予定の2人の女の子を採用してくれないかというお願いでした。私はその子たちを一生幸せにしてあげられるかどうか自信がなく、2度お断りしたんです。しかし3回目に来られた時に、その先生がこう言ったんです。「採用はあきらめます。でも、就職できないとこの子たちはすぐに施設に入ることになります。施設に入ったら一生働くことを知らずに終わってしまう。せめて何日か、働く体験だけでもさせてくれませんか」と。その言葉が胸にグッときたんです。

下村 養護学校の先生はなぜ理化学工業を訪ねてこられたのでしょう。

会長 後で聞いた話ですが、職員室を見渡してみて一番簡単につくれると思ったのがチョークで、その包装を見たら日本理化学工業と書いてあった。仕事がやさしい職場でないと、この子たちには勤まらないと思われたようです。

写真:

下村 実習の後、2人の採用を決意されたのはどうしてですか?

会長 2週間の実習の最後の日にひとりの社員が私のところにやってきて、「こんなに一生懸命やってくれるんだから、あの子たちを雇ってあげてください。私たちが面倒をみますから」というんです。これは現場の人たちみんなの意見だと。その言葉を聞いて、養護学校卒業と同時にこの2人を採用しました。

働く障害者へのインタビュー
障害者雇用の取り組みについて聞く
取材後記

ATARIMAE企業紹介!

アタリマエ宣言 みんなで参加しよう 参加はこちら

応援メルマガ

障害について知ろう おしえて!障害のこと

働きたい!と思ったら 障害者の皆さんに役立つ情報が満載!

クロストーク はたらくちから。

障害者雇用に役立つリンク集