ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

下村健一のクロストーク

Vol.3 きものブレイン 障害者雇用の取り組みについて聞く

障害者雇用をすすめた岡元眞弓さんへのインタビュー

 着物のメンテナンスや一貫加工、リサイクルきものの販売などを行っている「株式会社 きものブレイン」(本社・新潟県十日町市)。知的障害、聴覚障害、内部障害、身体障害などさまざまな障害をもつ人たちが働き、現在では社員230名のうち23名が障害者だ。知的障害者9人、聴覚障害者4人、内部障害者3人、身体障害者7人、うち15人は重度の障害者。現在の障害者雇用率16.1%。
 社内には障害者支援委員会を設け、ジョブコーチの資格を取った社員もいる。

 障害者を雇用して20年、これほど高い雇用率を実現できている秘訣はどこにあるのか。岡元眞弓副社長にお話を伺った。
 きものブレインはオープンファクトリーであるため見学可能。仔細は以下を参照。
http://www.kimono-brain.com/

写真:岡元さん

岡元眞弓(おかもと・まゆみ)さん
株式会社 きものブレイン 取締役副社長 障害者雇用担当

同社社長で夫の岡元松男さんとともに、障害者雇用を推し進めた人物。ひとりひとりの障害者に適した仕事を見い出し、継続雇用を実現。従業員(25名)による「障害者支援委員会」を設立。目的は「障害者が安心して働ける職場環境を作り能力の向上を図る」。この委員会の協力を得て、日々、起こる問題を解決している。

平成元年、従業員のひとりが重度の内部障害であったことが判明したのを機に、きものブレインは障害者の雇用に取り組む。そして翌平成2年に雇用したのが、大谷泰久・光子さん夫妻だった。

下村 大谷さん夫妻を雇用された経緯から教えてください。

岡元 私の姪がダウン症だったので、私自身、障害に対する関心はずっと持っていたんです。大谷泰久さんは前に会社があった場所の近くに住んでいて、きちんと挨拶をしてくれる好青年でした。その彼が障害を持つ女性と結婚したことが地元新聞の小さなコラム欄に載り、「働くところがないのがくやしい」という話が書かれていたんです。おいしいものを食べたり、どこかに遊びに行ったりという、普通の生活をするために夫婦で「働きたい」と。それを知って、うちで働かないかと声をかけたのが雇用のきっかけでした。最初に泰久さん、1カ月後に光子さんが入社しました。

写真:

下村 最初は受け入れ体制を整えるのが大変だったのでは。

岡元 どんな仕事をしてもらえばいいのか、最初はわかりませんでした。泰久さんは脳性マヒによる重度の身体障害で、精緻な作業はできませんし。当時、たまたま生産を始めたばかりの着物用保管シートの仕事で人手が必要だったので、その補助からスタートしました。以後すっかり定着できて、今や泰久さんはすでに定年退職し、現在は再雇用をして働いてもらっています。知的障害の光子さんは、熱圧着機で着物用保管シートの封をする仕事から始めました。

写真:
柳 常夫(やなぎ つねお)39歳。
知的障害、
仕事内容:反物の巻き取り、H12年入社。
写真:
金沢 晴夫(かなざわ はるお)45歳。
内部障害(腎臓機能障害1級)、
仕事内容:紋加工、H7年入社。
働く障害者へのインタビュー
障害者雇用の取り組みについて聞く
取材後記

ATARIMAE企業紹介!

アタリマエ宣言 みんなで参加しよう 参加はこちら

応援メルマガ

障害について知ろう おしえて!障害のこと

働きたい!と思ったら 障害者の皆さんに役立つ情報が満載!

クロストーク はたらくちから。

障害者雇用に役立つリンク集