ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

下村健一のクロストーク

Vol.2 和風会 所沢中央病院 障害者雇用の取り組みについて聞く

障害者雇用をすすめた黒田英寿さんへのインタビュー

 東京都青梅市と埼玉県所沢市を中心に医療、介護、リハビリ施設などを運営する医療法人社団・和風会。平成17年4月に初めて障害者を雇用したのをきっかけに、障害者就労支援機関と連携して、障害者に適した仕事の掘り起こし、採用、継続雇用のためのノウハウを研究。平成20年には法定雇用率をクリアし、現在は君成田隆志さんを含めて8人にまで雇用を拡大している。

 和風会で障害者雇用プロジェクトチームの責任者を務める黒田英寿さんは、障害者、雇用者、そして支援機関が「三位一体」となることが必要だと話す。

写真:黒田さん 黒田英寿(くろだ・ひでとし)さん
医療法人社団和風会 人事採用担当
多摩リハビリテーション学院事務長
同法人の障害者雇用プロジェクトチームの中心となって、障害者雇用を推し進めてきた人物。

下村 平成17年3月の時点では、障害者雇用実績はゼロだったそうですね。それが現在では8名。障害者雇用を一気に拡大していかれた経緯を教えてください。

黒田 はい。それまではなかなか手が回らず、ようやく重い腰を上げたというのが正直なところでした。しかし平成17年4月に1名の方を採用したのをきっかけに、障害者の就労状況について“触覚”が張るようになりました。その人はきちんと毎日来ているのか、仕事はどのくらいできるのか、職場で困るようなことはないか……。和風会のなかで障害者に関する情報の共有や興味・関心が高まっていき、雇用プロジェクトチームを立ち上げることになったんです。

写真:

下村 プロジェクトチームを立ち上げて、まず取り組まれたことは?

黒田 まずは現状認識をしようということで、ハローワーク主宰の障害者雇用研究会に参加しました。そして講演された方のおひとりにご相談して、地元・西多摩地区で支援施設ネットワークづくりをしている会の方を紹介していただき、多摩リハビリテーション学院に見学に来ていただくことになったんです。

働く障害者へのインタビュー
障害者雇用の取り組みについて聞く
取材後記

ATARIMAE企業紹介!

アタリマエ宣言 みんなで参加しよう 参加はこちら

応援メルマガ

障害について知ろう おしえて!障害のこと

働きたい!と思ったら 障害者の皆さんに役立つ情報が満載!

クロストーク はたらくちから。

障害者雇用に役立つリンク集