ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

ATARIMAEクロストーク はたらくちから。

(株)市井社 編集者/五行歌の会 スタッフ/五行歌人 よしのひさこさん×『暮しの手帖』編集長/COW BOOKS 代表/文筆家 まつうらやたろうさん

同人誌や書籍の編集者として、また五行歌人としても活躍する吉野比抄子さんと、同じく雑誌の編集長であり、文筆家でもある松浦弥太郎さんが対面! 編集業や文章表現を行う者同士が、心を開いて語った。仕事とは、書くとは、編集とは? 静かに深く、通じ合った。

よしの「作者と心を結ぶ編集の過程が好き。仕事が終わると寂しくて」

まつうら「人の役に立つかどうか。常にそう考えて仕事してます」

書くとは、自分に向き合うこと

写真:互いの本を手に持つよしのさんとまつうらさん
写真:同僚たちとくつろいで語らうよしのさん

松浦弥太郎さん(以下、松浦):僕たちは、ほぼ同業者ですね。吉野さん、この仕事についたきっかけは?

吉野比抄子さん(以下、吉野):前の会社に勤めていた時、五行歌※をやっている人と出会って、五行歌を書くことを教えてもらいました。その時に編集という仕事に憧れて。それで今の会社に入りたいと何度かお願いして、入社できました。

松浦:編集の仕事は、締め切りがあるから心の準備が大変ですよね。

吉野:はい。締め切りが迫ってくると、緊張しますが、同人誌や本ができ上がっていく過程が好きですね。でき上がると、ちょっと寂しくなります。

松浦:あぁ、よくわかるなぁ。旅行や読書と一緒で、終わっちゃうと寂しいけど、でも次がある。同じことの繰り返しのようだけど、過程の中で学びがあるからまた別の景色が見える。チャレンジや出会いを僕は大切にしています。

吉野:はい、私もよくわかります。

松浦:吉野さんは五行歌の歌人でもあるけれど、あなたにとって五行歌とは?

吉野:私が病気になったのは2006年なのですが、入院中も自宅で療養していた間も、ずっと五行歌はつくっていました。父が「治る病気だから隠す必要はない」と言ってくれたので、病気の歌をいっぱい書いたんです。書いたものを客観的に何度も読むうちに、自分の中で昇華できるというか…。病気を受け入れることができたと思っています。五行歌のお陰で、生き返ることができました。

松浦:吉野さんにとって、五行歌を書くってことが、かけがえのないことだったんだね。書くことは見つめ、対象を愛すること。病気も愛せるようになったから、乗り越えられたんだと僕は思うな。僕も何を書こうかなと思う時、自分が一番恥ずかしいこと、人には言いたくないことをあえて書こうと思うの。それは恥ずかしい自分と向き合って、受け入れることになるからね。

吉野:私もその通りですね。私は病気になってよかったと思うんです。というのは、周りの人が見守ってくれているのがひしひしと伝わってくるからなんです。私の歌に「励まされました」と言われるのが一番嬉しいですね。

※「五行歌」とは…1957年、草壁焔太氏がつくった短詩形で、決まりは五行で表現するだけ。短歌の五七五七七にとらわれず、自由な呼吸でつづれることから、現在では世界中に愛好者がいる。

仕事を通して人とつながる幸せ

写真:パソコンに向かうよしのさん
写真:よしのさんが編集した本「五行歌」と、まつうらさんが執筆した本「軽くなる生き方」
写真:職場で語らうリラックスしたよしのさんとまつうらさん

松浦:吉野さんは今の会社を一度退職しようとしたんですよね?

吉野:はい。失恋をしたことをきっかけに調子がおかしくなり、自分の思っていることが周りに伝わっているように感じたり、幻聴、周囲の人たちが私の心を盗んでいるように思ったり…。ある時心の中で、怒りを爆発させてしまったんです。それで、周囲から悪口の幻聴が聞こえ、いたたまれなくなって辞めてしまって。その後、パニックになって入院しました。もう仕事場には戻れないかなと思っていたのですが、会社の人たちはみんなとっても心配してくれて、「治ったら戻ってきていいよ」って。それで心底安心して復帰しようと決心しました。この会社でないと生きていけなかった。だから本当にいくら感謝してもし切れないです。

松浦:なるほどね。会社の人も五行歌をつくっている吉野さんと深くつながっていたからわかってくれたんでしょうね。僕も何より幸せなだと感じるのは、人と深くつながれた時ですね。仕事を通してつながれるというのは、スゴく幸せだよね?

吉野:ええ、本当にそう思います。

松浦:吉野さんにとって、仕事って何だと思う?

吉野:私は編集という仕事の中でものづくりの楽しさを味わっています。たとえば、歌集をつくる過程では作者とお話しながら心のつながりをつくることができるし、五行歌の同人誌の仕事では、見守ってくださる皆さんにありがとうと感謝の気持ちが湧いてきます。実は病気になってからのほうが、感謝の気持ちが深くなって、仕事も広がった感じがしています。

松浦:それはスゴいな。僕は仕事の中で人の役に立ちたいという思いが大きいんですね。高校を中退しているから、人の役に立つ機会が少ないと勝手に自己規制しているところがありました。だから、どんなことでもいいから、仕事を通して人の役に立てたらいいなと思っています。その仕事は人を幸せにするのか、何かの役に立てるのか、といつも考えています。

吉野:わかります。今までは人のためとかあまり考えていませんでしたが、病気をしてから、支えてくれた皆さんに、何かお返ししたいなという気持ちが湧いてきました。自分が何かの役に立つことができるか、もっと考えていきたいです。

松浦:吉野さんには五行歌を書く、という出合いがあった。僕も文章を書いて自分らしさを出せる。真っ直ぐ自分らしくいられる僕たちは幸せだね。吉野さんは、新たにチャレンジしたいことってある?

吉野:母も五行歌をやっているので、いつか母娘合作の歌集をつくりたいです。私が入院した時、私は母が出てくる五行歌をつくったんですが、母は母でその時の歌をつくっているので、私の歌と母の歌を並べた合作歌集をつくりたいなって。

―ここで、吉野さんがつくられた五行歌を、吉野さん自身に朗読していただきました。

吉野
「号泣する
わたしを
母はふところに抱いた
精神病院へ向かう
車中にて」
「ゆりかごに
のっているような
父との
通院ドライブ
沈黙がやわらかい」

松浦:自分の書いたものを声に出して空間に放つって、書いたものを愛する行為だと思うな。五行歌は自分の友だちのようなものだから、もっともっと仲良くして、ぜひ、お守りにしてください。僕は自分の力加減を知っているから無理はしない。「良い加減」がいいと思うんです。「いいかげん」じゃないよ(笑)。だから、会社の予定表にも「ブラブラする」というのを入れておくの。ブラブラしてる時に見るものが仕事に役立つことはいっぱいあるから。人間、もっとブラブラしなきゃ。そうやって良い加減で生活するようにしています。

吉野:病気の人がスゴく励まされる話ですね。私も何でもいいから少しずつトライして、良い加減にやっていきたいです。

よしのさんとまつうらさんに聞いた五つの質問。(初めによしのさん、次にまつうらさんが答えます。)

幼い頃の夢は?

よしの

花屋さんと、動物が好きだから獣医でした

まつうら

卒業文集には「みんなに好かれるカレーライスになりたい」と書きました。一生の目標は、松浦弥太郎になること


リスペクトしてる人は?

よしの

大好きなのは関口知宏さん

まつうら

中学の時、詩集に出合ってから長く片思いしている高村光太郎


好きな言葉は?

よしの

私の五行歌を読んだ人からもらう「励まされました」という言葉

まつうら

暗闇の中の明かりのように大切にしているお守りの言葉が「正直・親切」


趣味は?

よしの

合唱。女性8人の合唱団「クボスコディミカ」で活動しています

まつうら

旅。どこか知らないところに行くこと


初めての給料、どう使った?

よしの

お母さんに生活費として3万円入れました

まつうら

中学2年生の時、建築現場でアルバイトをして稼いだ4000円で、『少年ジャンプ』を買いましたね

クロストークを映像で見る

よしのさんプロフィール

写真:よしのさん

(株)市井社 編集者/五行歌の会 スタッフ/五行歌人 よしのひさこさん 33才

よしの・ひさこ/1975年、東京都生まれ。大学卒業後、ベビー用品量販店に勤務。「五行歌」に出合い、創作活動を開始。2003年から「五行歌の会」も運営する(株)市井社に勤務。06年に統合失調症を発病し、半年間の療養後、職場に復帰した。08年10月、五行歌世界大会ではスタッフ、歌人としても参加している。精神障害のある自分を受け入れる感性豊かなエディター。

外部リンク:新しいウィンドウが開きます。

五行歌の会オフィシャルサイト
http://www.5gyohka.com

まつうらさんプロフィール

写真:まつうらさん

『暮しの手帖』編集長/COW BOOKS 代表/文筆家 まつうらやたろうさん 43才

まつうら・やたろう/1965年、東京都生まれ。高校中退後、渡米。米国の書店文化にひかれ、帰国後オールドマガジン専門の書籍販売を開始し、2000年にはトラックによる移動書店をスタート。02年には古書店「COW BOOKS」を開業した。書店を営むかたわら、執筆や編集活動も行い、06年には『暮しの手帖』の編集長に就任。主な著書に『最低で最高の本屋』『本業失格』『軽くなる生き方』がある。

外部リンク:新しいウィンドウが開きます。

暮しの手帖オフィシャルサイト
http://www.kurashi-no-techo.co.jp