ページの先頭です。

3つのスキップメニューです。
このページの本文へ
メインメニューへ
ホームへ

統合失調症~「あたりまえ」に働ける病気

今、もっとも理解されていない障害、それが、精神障害のひとつ、統合失調症でしょう。心の病気であることは知ってはいても、どんな症状があり、どんな治療がなされているのか分からない。そして、統合失調症の方々が働くときには、どんな配慮が必要なのか、こうした疑問について、精神科医である池淵恵美さんが丁寧に答えます。

写真:池淵恵美

文・池淵恵美
帝京大学医学部教授
1953年生まれ。東京大学医学部卒。東大病院精神神経科勤務を経て、帝京大学医学部精神神経科学教室教授、および病棟医長。日本学術会議連携会員、精神神経学会編集委員、精神障害者リハビリテーション学会常任理事、日本行動療法学会常任理事、SST普及協会運営委員。著書『統合失調症へのアプローチ』、共著多数。